仕事のやる気が出ない!!その理由とやる気を出す方法10選!

どうしても仕事のやる気が出ない時ってありますよね。

私も当然そんな日があるのでよくわかります。

実はこのやる気が出ないことにも理由があります。
そして、誰でもやる気を出す方法もあります。

この記事を読めばやる気が出ない理由がわかり
明日からはやる気全開で働くことができます

仕事へのやる気が出ない状態が続くと、仕事が終わるのも遅くなる。ミスも増える。
周りの人へ不快感を与えることになり、私生活に悪影響を及ぼすかもしれません。

今すぐにやる気を手に入れましょう!

やる気が出ない理由

やる気が出ない、モチベーションが上がらないその理由はいくつかあります。
そもそも、人は常に全力では働けません。

常にやる気全開、モチベーションMAXという人はいないでしょう。
やる気が出ないことは悪いことではありません!

やる気が出ない原因が必ずしもあなたにあるとは限らないからです。
まずはその原因を見ていきましょう。

 

仕事が単調

もっと色々な仕事をしたいのに、誰でもできるような簡単な仕事ばかり。
こんな仕事にやる気を出す方が難しい。そんな仕事って多いですよね?

さらにひどくなると、「こんな仕事やっていられるか!」と投げやりになってしまうことも。
そうなるとサボったりミスが出たりとますます、やる気が失われていきます。

仕事が単調でマンネリ化してきたなら
配置転換を上司に打診して、環境を変えてみましょう!

 

評価がされない

どれだけ仕事を頑張っても周りから評価されないとやる気は失われていきます。
さらにその評価がボーナスや毎月の給料にも影響するならさらに失っていく。

会社の評価基準はバラバラです。自分の能力を純粋に評価してもらえる会社は少ないでしょう。
不景気の影響で業界全体の業績が下がっている時などは、正当な評価を受けることが難しいです。

どうしても今の会社の評価に不満がある場合は
転職することをお勧めします。

しっかりとした人事評価を受けられる環境に自分から移りましょう!

 

仕事が長すぎる

始発で出勤して、終電で家に帰る。
こんなスケジュールが続くと、疲れだけが溜まっていきます

会社に拘束される時間が長いとその分だけストレスも溜まっていきます。
ストレスがきっかけで体調を崩すこともあります。

自分の身を守れるのは、自分だけです。

今の環境が当たり前とは思わずに
上司に相談するなり、転職をするなどしましょう。

 

無駄が多い

昔から残る慣例のような無駄な仕事、令和になってもまだまだありますよね?
利益も出ないし、誰の役に立っているのかわからないような無駄な仕事。

上司が頑固で、新しい方法を提案しても時間のかかる古臭いやりかたのまま。
これでは他の仕事も終わりません。

私はこの、仕事の無駄に対して一番やる気を失います。
会社の歴史が長く、規模が大きいほど顕著に見られます。

そんな時は、古い習慣を自分が変えていくんだ!
意気込んで改革のために働くとやりがいを感じられます

 

自分が悪くないのに謝罪ばかり

自分が原因でないミスやお客様へのトラブル。
会社の仕組みや、別部署が悪いにも関わらず、営業というだけで謝罪に行かされる。

こんな経験ありますよね?
先方からは厳しい言葉を頂戴して、上司からは平謝り

何で自分が誤らないといけないのか?
ストレスが溜まりますよね。

 

人間関係のトラブル

あなたの会社にもお局さんや、窓際社員っていますか?
それ以外にもグチグチと文句を言ってくるような先輩や上司。
こんな人達がいると、会社に行くのが嫌になっていき、自分の方が給料が低いと思うとやる気も無くなっていきますね。

その他にも相手は善意のつもりがお節介な人がいたり
毎週末飲み会に誘われたり
人間関係のトラブルは言い出しにくいのでかなり深刻な問題です。

 

やる気の出ない原因はたくさんあります。しかし全てあなたが悪いわけではありません
ですが、やる気が出ないからと言って、やってはいけない行為もあります。
そこだけはしっかりと守りましょう。

 

やる気が出ない時にしてはいけないこと

やる気が出ないことを会社のせいにして
ふてくされるのは大人のすることではありません。

例え仕事へのモチベーションが低くとも
最低限のマナーは守るべきです。

そんなことも守れない人に所には
やりがいを感じられる、やる気溢れるような仕事は回ってきません。

 

やる気が出ないと口に出す

職場の食堂や休憩室で「最近仕事にやる気が出ない」「モチベーションが下がる」など口にしていませんか?
こういうネガティブな発言は、あなたの行動にも表れていきます。

ネガティブな発言を繰り返していると、まるで自己暗示をかけるかのように、さらにやる気が失われていきます。
そしてそれは周りの人にも影響します。

 

また、どこで誰が聞いているかわかりません。

たまたま通りかかったあなたの上司の耳に入っては後々面倒なことになるかもしれません。
極力こういった発言は控えるように注意しましょう。

 

周りのせいにする

「あの人を見ているとやる気が出ない」「今の上司の下では働く気にならない」
このように、自分のやる気が出ないことを周りのせいにして、自分は悪くないからと正当化していませんか?

確かにその通りかもしれませんが、責任転嫁することを良いとは言えません。
周りのせいにすることが習慣づくと、あなたの成長を止めることにもなります。

周りのせいだと言う前に、まずは自分の力で変えることができないか取組みましょう!

 

中途半端な仕事をする

やる気が出ないので、とりあえず仕事を終わらす中途半端なやっつけ仕事をする。
こんなことをしていると、後々ミスが発覚しあなたの評価にも関わります。

評価が下がると、やる気が溢れるような仕事は回ってきません。
そしてよりやる気が失われていくでしょう。
たとえやる気が出なくとも、社会人ならやるべきことはしっかり完遂しましょう。

 

 

このように、やる気が出ない時についついやりがちなことがあります。
しかしこんなことをしていると、あなたのやる気はいつまでたっても溢れてはきません
どうすればやる気が出るのかをここから紹介していきます。

 

仕事のやる気を出す方法10選

ではここからはそんなやる気の出ない状態を抜け出すための
仕事のやる気を出す方法10選を紹介していきます!

仕事のやる気が出ない状態を抜け出して
やる気にあふれて毎日を過ごしていれば
仕事の成績もよくなり
給料が増えて、新しい仕事も増えていきます。

その繰り返しができれば、やる気を途絶えさせずに保つことができます!

 

尊敬できる人物を見つける

小さい頃憧れのプロ野球選手を目指して毎日素振りをした。
憧れのサッカー選手を目指してリフティングの練習をした。
憧れのお花屋さんを目指してお花の名前を覚えた。
そんな経験が誰にもありますよね。

 

憧れや夢を持つことは、モチベーション管理において重要なことです。
身近な先輩や上司。取引先の人。テレビの世界の実業家。
様々な人を見て、尊敬できる人を目標にしましょう。
目標ができれば、「今自分がしていることもあの人に近づくための下積みだ!」とやる気が出てきます。

 

早起きする

“早起きは三文の徳”日本人なら誰でも知っていることわざでしょう。
社会人にとって早起きは非常に有効なものです。

早起きをして、しっかりと目を覚まし、朝食をとりいつもより早く出社する。

 

それだけで、いつもより空いた電車に乗れてストレスが減り。
目が覚めているので朝から仕事に集中できる
生活リズムが整うので夜もぐっすり眠れる。と良いことだらけです。

起きる直前まで二度寝を繰り返していると、目覚めが悪く頭もすっきりしません
起きることがストレスになります。まずは5分でいいので明日から早起きしてみましょう。

 

新しいスキルや知識を身につける

仕事終わりの時間を活用して、知識やスキルの習得に挑戦してみましょう。
新しいことを学ぶ時って充実した気分になりますよね?

 

継続して行い、知識やスキルがしっかり身に付けば自信にもつながります。
新しく身につけた知識やスキルは早く使いたくなるものです。
毎日の仕事に取り入れることで、今まで単調だった仕事が楽しくなっていきます。

 

積極的に社内で発言する

やる気が出ない理由を、仕事がつまらないから。
自分はもっとできるのに評価されていないから。と思っている人がいますよね?

そんなあなたに質問です。

 

あなたは自分がもっとできる!もっと色々な仕事をしたい!ということをアピールしていますか?
あなたがいつまでもつまらない仕事ばかりを任されるのは、あなたのアピール不足のせいかもしれません。
積極的に発言をして、社内での仕事の幅を広げてみませんか?
重要な仕事を任されるようになればやる気も溢れてくるでしょう。

 

小さい達成目標を設定する

やる気を出すために、目標を持ちましょうとよく言いますが、目標が大きすぎて達成するビジョンが見えないとやる気は出ません。

1つ1つ小さいことで良いので、今すぐにでも達成できそうな小さい目標を持ちましょう。
小さな目標達成を繰り返し行えばやる気も自然に溢れてきます。

 

早起きをする、いつもより多くお店にいく、取引先に挨拶をしっかりする。
といった本当に簡単なもので大丈夫です。まずは目標を考えてみましょう。

 

映画を観る、本を読む

休みの日に映画を観に行き、主人公の影響を受けてやる気をだす。
自己啓発本を読んでやる気を出す。誰にでもできるような簡単なことです。

ちなみに私が疲れた時に観る映画は「最高の人生の見つけ方」です。

 

余命宣告をされた二人の老人が、残り僅かな時間を楽しく過ごすためにやり残したことに挑戦する映画です。
彼らを見ていると、まだまだ若い自分も頑張らなくてはいけないとやる気が出てきます。

おすすめの本はサイバーエージェントの社長藤田晋さんの「渋谷ではたらく社長の告白」です。
様々な壁を乗り越えてきた藤田社長の働き方を読むと、自分の仕事に対する悩みがとても小さく感じ、やる気が出てきます。

 

姿勢を正す

デスクでPCに向かっているとどうしても頭が前に出て、猫背になりますよね?
そんなときは一度顎を上に伸ばして、胸を開きましょう

 

胸がスーッと通るような気がして気持ちもリセットでき、やる気が出てきます。
騙されたと思って一度実践してみてください!

 

1%だけ始めてみる

仕事が0~100%まであるなら、どの部分が一番辛いですか?私は、0~1%です。
何事でもまず取り掛かることって難しいですよね?

 

でもいざ始めてみると、予想外にスラスラと進むこともあります。
1%分のやる気ならすぐに出せそうですよね?まずは少しから始めてみませんか?

 

体を動かす

一日中デスクに座りっぱなしでは、体も疲れてやる気も減っていきますよね。
そんな時は少し立ち上がってストレッチをしてみる。会社の周りを少し散歩してみる。

 

この程度でいいので体を動かしてみましょう。
止まっていた血が一気に流れるような気分になり、目もさえてやる気が出てきます。
やる気が出たならもう一踏ん張り頑張りましょう!

 

仕事以外の楽しみを作る

週末に家族や友人、恋人と予定を作る。平日の仕事終わりに行きたいところを作る
何か仕事終わりの楽しみが1つでもあるだけで、楽しみまで頑張ろうと仕事に集中できます。

欲しいものを買うことを目標に毎日の仕事を頑張るのもいいですよね。
自分にご褒美をあげると思ってそれまでの仕事を頑張りましょう!

 

まとめ

やる気が出ない理由。やる気を出す方法はどうでしたか?

明日からはやる気を出せそうでしょうか?

最初にもお話しましたが、常にやる気に溢れて全力で仕事に取り組める人はいません。
どこかで疲れもでるし、集中も切れます。

そして、仕事のやる気が出ない原因もあなたにあるわけではないです。
きっと周りの人や環境によってやる気が失われているだけでしょう。

しかし、その状態から再びやる気を出せる人が仕事のできる人です。

仕事のできる人は
やる気を出して取り組むからこそ
仕事で結果を出して、新しい仕事を担当することができます。

今回紹介した
「仕事のやる気を出す方法10選」はこちらでした。

・尊敬できる人物を見つける
・早起きする
・新しいスキルや知識を身につける
・積極的に社内で発言する
・小さい達成目標を設定する
・映画を観る、本を読む
・姿勢を正す
・1%だけ始めてみる
・体を動かす
・仕事以外の楽しみを作る
是非実践をして、やる気に溢れながら働きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です