残業が多くて疲れる!!~疲れの原因とおすすめのリフレッシュ方法~

残業が毎日続くと様々な疲れが溜まりますよね

・睡眠不足
・肩こり
・目の疲れ
・腰痛
・肉体的疲労
・精神的疲労

疲れの種類は様々あれど
たくさんの疲れが溜まっていきますよね?

疲れが溜まる原因と
疲れを減らす方法を記事にしました。

この記事を読んで疲れが無い生活を手に入れましょう!

その方法は簡単で
日々の生活を少し変えるだけで
疲れが溜まりにくい体に変わっていきます!

 

残業が疲れる理由

残業って言葉を聞くだけで疲れませんか?

僕は残業だらけの頃疲れが溜まりすぎて
体も精神もボロボロでした。

目が疲れて一時的に視力が落ちたこともあります。
腰痛が酷くなり立ち上がれなくなったこともあります。
精神的に追い詰められたこともあります。

経験した僕だからわかる
残業で疲れが溜まる理由があります。

 

肉体的な疲れの原因

まずは肉体的な疲れの原因を見ていきましょう。
サラリーマンのデスクワークや
長時間の残業は肉体的疲労の原因が溢れています。

原因がわかれば回避することで疲れを減らすこともできます!

睡眠不足

毎日会社を出るのが21時や22時となれば家に着くのは23時頃。
それからお風呂に入りご飯を食べれば、布団に入るのは24時を過ぎている。

翌日も7時には家を出るので、睡眠時間は4時間~5時間ほど。
そんな生活を繰り返してはいませんか?

 

疲労回復において、睡眠はとても重要です。
平均して7時間~9時間の睡眠時間が必要だと言われています。
また、美容業界では22時から深夜2時までを睡眠のゴールデンタイムと言われています。

質と量どちらかが不足していると、疲れはどんどん溜まっていきます。

時間を長くすることが難しければ、質を向上させましょう!
睡眠の質を向上する方法は後ほど紹介します!

 

PCの長時間使用

一日中デスクでPC作業をしていると、目や腰、肩、首などが疲れていきます。
特に一日中PCの画面を見続けるとブルーライトが目を刺激します。
PC画面に向かう姿勢も体の疲れの原因です。

 

人間の頭の重さは約5kgと言われています。500mlのペットボトル10本分です。
ペットボトル10本を手に持っていたら腕も肩も疲れますよね?

前屈みにPC画面を見つめているということは
その重さを首だけで支えることになるので、当然肩や首のコリに繋がります。

 

不摂生な食事

残業で遅い日の食事はどうしていますか?
1人暮らしで遅くなると、コンビニで買って帰ったり、外食で済ましがちではないですか?

 

健康的な食生活とは言えないでしょう。
人間は食べることからしか栄養を補給できません。
外食やコンビニでの食事が続いたとしても、栄養が偏らないように心がけましょう。

疲労回復に繋がる食事方法も後ほど紹介します!

 

長時間座りすぎ

一日中デスクに座っていると、全身がコリ固まっていきます。
また、座ったままだと、脚の筋肉を使わないことで
代謝が低下し血液を十分に全身へ送ることができません。

座った姿勢が長時間続くと慢性的な腰痛の原因にもなります。

それだけでなく恐ろしいことに長時間座っている人はそうでない人に比べて
死亡リスクが高いという研究結果も出ています。

 

精神的な疲れ

肉体的疲労は休暇を取ればある程度は解消されます
しかし、精神的な疲労は中々無くなりません。

精神的疲労からくる、精神疾患などになる前に
自分の判断で休暇を取りましょう!

まずはどういったことが原因で精神的な疲れが溜まるのかを理解して
自分にも関係があるかどうか見ていきましょう。

 

集中力が持たない

人間の集中力は、最大でも40分程度しか継続しないと言われています。
朝から定時まで8時間ほど勤務をすればもう集中力も残っていません。

残業となれば、スカスカの集中力をもう一度フル稼働させなければいけません。
そんなことを毎日していては、精神的な疲れがどんどん溜まっていきます。

そんな時は残業を諦めて早く家に帰りましょう。
どうしても仕事をしなければいけないなら持ち帰って
一度家に帰ってリフレッシュしてから再開するなどしましょう。

 

余計なことを考える

残業をしているのに、仕事に集中できずに。
週末何をしたいか、見たいテレビのこと、友人との約束。
仕事に関係のないことばかり考えだすと止まらなくなります。

余計なことを考えていると、仕事は終わらないし。
仕事への切り替えも難しいので、ドンドンやる気が失っていきます。

余計なことを考えてしまい
思うように仕事が進まなかったことを後悔して
自分を責めてしまう人もいるでしょう。

余計なことを考えて集中できないということは
体がSOSを出している証拠です。
そんな時は早く家に帰りましょう!

 

不満が溜まる

何で自分がこんな仕事のために、毎日残らなければいけないのか。
そんなことを考えたことが誰でもありますよね?

1つそんな不満を思いつくと、2つ3つと膨れていきます。
上司や同僚、会社に対しても不満が溢れて吐き出すことができずに蓄積するばかり。

そうなればつい、人への当たりがきつくなることも。
そういった態度を上司に見られてしまうと
評価が下がることにもなります。

不満を解消する方法を見つけてリフレッシュしましょう!

 

ストレスが溜まる

精神的な疲労の一番の原因は、何と言ってもストレスです。
ストレスの蓄積は、モチベーションの低下だけでなく、健康状態にも大きく影響します。

仕事を一生懸命に頑張ることは良いことですが
ストレスによって体調を崩してしまっては大問題です。

酷い時はストレスが原因で鬱などになることもあります
体に異変を感じたら、迷わず休暇を取りましょう。

毎日残業が続くとたくさん疲れが溜まっていきますよね?
しかし、少し生活習慣を変えるだけで徐々に軽減させることができます。

 

仕事の疲れが取れやすくなる方法

疲れが完全に無くなるわけではありませんが
少しでも改善をして、疲れが残りにくい体にすることはできます。

何も難しいことや、お金がかかることはなく
日々の生活習慣を見直すだけで簡単に変わることができます。

僕は定時で帰るために毎日の生活習慣を改善して
体力を維持することで、業務に集中して取り組みました。
是非皆さんも参考にしてください!

 

睡眠の質を上げる

残業が多いと十分な睡眠時間を確保することができません
しかし、睡眠の質を向上させる方法はいくつかあります。

量を増やせないなら、質を改善するしかありません。
限られた睡眠時間で、最大限体力を回復させましょう!

 

スマホやPCを見ない

枕元でスマホを充電して、寝るギリギリまで画面を見ている人ってたくさんいますよね?
スマホの画面からはブルーライトが発せられています。

このブルーライトは目に刺激を与えて、眠たくなる睡眠ホルモンを抑制させます。
ベッドに入ったらスマホを見ずにすぐに寝るようにしましょう。

何も難しいことはなく、布団の中ではスマホを見ない。
たったそれだけで目覚めのスッキリ感が変わります。

就寝前に見てはいけないとわかってはいるけど、ついつい見てしまう

そんな人には僕のおすすめの方法があります。

まず充電に接続してからお風呂に入る。
そしてお風呂を上がってからはスマホを見ない!
僕はこれを徹底していました。

 

入浴方法を変える

入浴には体のリズムを整える働きがあります。
41℃~42℃の熱めのお湯に浸かると、温度が熱すぎるため体が起きてしまいます。

疲れを取りたい時は、38℃~40℃の少しぬるめのお湯に10分ほど浸かりリラックスさせましょう。

入浴しながら全身を軽くマッサージをして疲れをほぐしましょう。

特におすすめなのが
頭皮マッサージ目のマッサージです。

マッサージと聞くとつい腰や足を思い浮かべますが
温まった状態で、目や頭皮をマッサージすると
スッキリとして眠りやすくなります!

 

横向きで寝る

疲れている時に仰向けで寝ると、喉の筋肉や下の付け根が気道を圧迫することがあります。
そうなると、いびきをかきやすくなります。

疲れている時によくいびきをかくのはこれが原因です。

いびきや、無呼吸睡眠は睡眠中の脳へ十分な酸素を送れなくなるので、疲れが溜まる原因になります。
横向きで寝れば気道が確保されるので、その心配はありません。

 

食事を改善する

バランスの良い食事をすると、疲労回復に不可欠なビタミンやミネラルを正しく摂取することができます。
また、あなたが疲れを感じている時は、内臓も疲れています。
深夜に脂っこいものを食べたりせずに、消化のしやすい食事をとるようにしてください。

 

疲労回復には鶏肉が良いと言われています。
鶏肉に含まれる成分が疲労回復に効果を発揮するからです。

その他にも酸っぱい食べ物を食べると、クエン酸やビタミンを摂取できるので疲れが取れやすいです。
どうしても、食事で必要な栄養を取れない時はサプリメントに頼るのも一つの手です。

 

適度な運動をする

一日中デスクワークでコリ固まった体ではどうやっても疲れが取れません。
適度な運動をして、コリをほぐしましょう

 

運動をしよう!といっても休みの日にランニング、ジムに行くなどでなく
お風呂上りに少しストレッチをする程度です。

それだけでも体がほぐれて、血行が良くなります。

おすすめは朝の数分だけでいいので
軽くストレッチをすることです。

 

マッサージに行く

毎日頑張っている自分へのご褒美にたまにはマッサージに行ってみませんか?
料金の安いお店だと、全身揉みほぐし1時間4,000円などでサービスを受けられます。
自分一人では取れない疲れも、しっかり取ってもらいましょう。

 

まとめ

なぜ残業をすると疲れるのか、疲れの原因
どうすれば疲れが取れるのか、溜まりにくい体になるのか
わかっていただけましたか?

肉体的な疲れの原因

・睡眠不足
・PCの長時間使用
・不摂生な食事
・長時間座りすぎ、など

 

精神的な疲れの原因

・集中力が持たない
・余計なことを考える
・不満が溜まる
・ストレスが溜まる、など

疲れの原因は今回例に出したもの以外にもたくさんあります。

 

なぜなら、仕事に疲れは付き物だからです
だからこそ、上手く付き合わないと大変なことになります。

 

そんな疲れを取る方法は

・睡眠の質を上げる
・食事を改善する
・適度な運動をする
・マッサージに行く

などがあります!

 

疲れを諦めて放置するのではなく、日々の生活を少し改善するだけで
疲れは無くなっていきます。

手遅れになる前にしっかりと疲れを取って、リフレッシュして働きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です