残業2時間×毎日は“きつい?”“普通?”“平均は?”

皆さんは残業についてどれぐらいご存知ですか?
自分の残業にこんな疑問を持ったことはありませんか?
・残業時間が1日2時間、月40時間を超えるときつい
・毎日の残業2時間は平均より多いのかな?
・残業中に休憩ってしていいの?
・よく聞く過労死ラインってどのくらい?

 

そんな残業に関する疑問を解決できる記事です。

毎日の残業時間が2時間として
残業時間の平均と比べながら「毎日残業2時間」が多いのか見ていきましょう。
あなたの残業時間が適正なのかしっかりと理解することで
残業への気になる疑問が解消されます。

残業1日2時間は多い?少ない?

残業を1日に2時間、それを20日すると
月に40時間の残業をすることになります。

残業時間月40時間と聞くとあなたは
多いと思いますか?少ないと思いますか?

大手転職サイト「OpenWork」が発表した
2018年残業時間レポートでは
月平均28時間という結果になりました。

働き方改革など残業時間の削減が話題になっている影響のように思えます。

これだけを見ると月40時間という残業時間は平均を12時間も上回り
残業時間が多いと言えます。

業種によっては40時間以上の残業が継続しており
サービス残業を含めると平均残業時間も大幅に増えるでしょう。

残業2時間はきつい?

18時が定時の会社で2時間の残業をすると
20時まで仕事をすることになります。

それから家に帰り、食事・入浴を済ますと
23時頃になるでしょう。

そして翌朝も会社に行くとなると
家と会社を往復するだけ
家には寝に帰るだけという生活になります。

これでは体力の回復
精神的な余裕も生まれません。

残業をすると確かに残業代は発生するかもしれませんが
何よりも大切なのは自分の体と健康です。

残業時間の多い少ないに関わらず
体力的にきついと思うのであれば
働き方を考えなおさなくてはいけないでしょう。

残業中に休憩はしてもいいの?

あなたは残業中に休憩をとっていますか?
少し小腹が空いたのでコンビニに行ったり
喫煙者の方だと、タバコの本数が増えたり

休憩時間の過ごし方は人それぞれです。

でも、残業中に休憩をとってもいいのでしょうか?
労働基準法で決められている休憩時間の仕組みを図にしてみました。

この図からもわかるように
労働時間が6~8時間なら45分以上
8時間以上なら60分以上の休憩時間となっています。

 

つまり、60分という最低限の休憩時間は必ず取る必要があるが
それ以降の自由にとっても問題は無いということになります。

残業が続いてしんどい時は適宜休憩を取りましょう。

残業の過労死ラインってどれぐらい?

過労死ラインという言葉を聞いたことはありませんか?

過労死ラインとは、時間外労働が多すぎると健康障害リスクが高まるボーダーラインのことで
過労死や過労自殺の判断に用いられます。
脳卒中や心臓病などを発生した際に、仕事と病気との関連を判断する基準のようなものです。

 

ではどこからが過労死ラインなのか具体的に見ていきましょう。

過労死ラインは2種類あります

・病気の発症前、2ヶ月から6カ月間にわたって、月80時間を超える時間外労働をしていた場合
・病気の発症前、1ヶ月間に約100時間の時間外労働をしていた場合

この2つが病気の発症と仕事との関係を判断する過労死ラインです。

 

この条件を見ると
1日の残業2時間、月40時間という残業時間が少なく感じるかもしれませんが
過労死ラインは国が決めているだけであって
あなた自身の健康状態を判断する要因にはなりません。

最近残業が多くて体調が悪いけど、過労死ラインではないから大丈夫。
というわけではありません。
しっかりと自分の体を大切にして働きましょう。

まとめ

1日残業2時間×20日間
合計40時間という残業時間は多いのか、少ないのか。

はっきり言うととても多いです。

近年残業時間を削減する、特に若手を早く帰らせようとする企業が増えてきています。
そんな中でまだ月に40時間も残業をしているというのは異常であると思ってください。

 

過労死ラインに到達していなくとも
健康状態に問題を発生することはあります。

自分の体がわかるのは自分だけです。

周りより多いか、少ないかではなく
自分の判断で残業を減らしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です