定時ダッシュする方法と定時ダッシュの注意点

定時ダッシュしたいけどなかなかできない…。

定時ダッシュはやりたいと思うだけではできません。
しっかりと準備が必要です。

何を準備すればいいのかはこの記事を読むだけでわかります。

定時ダッシュする時の注意点も読んでください。

定時ダッシュって何?

定時ダッシュという言葉に聞き馴染みのない方もいるかもしれません。
定時ダッシュとは定時のチャイムと同時に、ダッシュで帰ることを言います。
定時退社よりもさらに速い退社というイメージです。

 

私の会社は17:15分が定時
残業を申告できるのは17:30以降の15分刻みです。

17:45分退社なら残業は15分
18時退社なら残業は30分といった勤怠システムになっています。

私の中では
17:44分までに帰ることを定時退社
17:20分までに帰ると定時ダッシュというイメージです。

 

そんな定時ダッシュをするにはどうしたらいいのか?
この次で説明していきます!

 

定時ダッシュには準備とスタートが大事

100m走をより速く走るためには、それまでの準備スタートが大切です。
定時ダッシュも準備スタートが肝心です。

準備ができていなく、いいスタートを切れなければ定時ダッシュできません。

 

定時ダッシュのための準備

定時ダッシュをするためには、定時の30分前頃から準備を始めましょう。

 

仕事のやり残しを確認する

他の人から引継ぎでもらったメモ
取り引き先からの問い合わせ回答
その日中が締め切りの仕事

絶対にその日にしなければいけない仕事がないかを確認しましょう。
例えやり残しがあっても30分前に気づけば処理が間に合うかもしれません。

もしもやり残しがあった時に
諦めてそれだけはやって帰るのか。
目を瞑って残して帰るのかはあなた次第です。

 

明日への引継ぎをする

私は1日の終わりに必ず、明日の自分への引継ぎを用意します。
今日の残りの仕事は何があるのか
明日は何から始めればいいのか

今日が早く終わるだけでなく、明日がスムーズに始まることへの配慮も必要です。
その積み重ねが、毎日の定時退社に繋がります。

私はTo Doリストを作成しています。
おすすめのTo Doリストはこちらで紹介しています。

「アイビー・リー方式 To Doリスト」で仕事を超効率化!!

 

 

PCの整理

PCの整理は必ずその日中にしましょう。
特にダウンロードファイルなどが、デスクトップに残ったままにしてはいけません。

明日になれば、そのファイルをなぜダウンロードしたのかも忘れています。
もう使用しないなら消去する。
明日以降も使うなら、適切なフォルダに保存しましょう。
PCのファイル・フォルダ整理でお困りの方はこちらの記事をご覧ください。

ファイル・フォルダの整理術!整理が苦手でも超効率化できる方法!

 

書類の整理

机の上に書類が山積みの状態で帰ったりしていませんか?
必ず書類は片づけて、机をきれいにして帰りましょう。

書類が残ったままだと
どこまでが昨日の書類なのか、どこからが今日の書類なのかわかりません。
同じ書類を何度も見直すのは本当に無駄です。

 

処理したならファイルに閉じるか、破棄する。
明日以降に処理をするなら、引継ぎ用のファイルを作成して保管する。

机の上に置いたままでは、汚れや紛失の原因にもなります。

必ず机の上はきれいにして帰りましょう。

 

定時ダッシュのためのスタート

準備がしっかりとできたなら、あとはいいスタートを切るだけです。

 

シャットダウンをすぐにする

退勤の打刻をしたら、とにかく早くシャットダウンをしましょう。

もしも上司にこの仕事を今からやって欲しいと頼まれた時も
「すいません、もうPCをシャットダウンしました。」
とバッサリ断りましょう。

じゃあもう一度起動してやってくれ。と言うような上司が会社にいるなら今すぐ転職してください。

 

カバンに荷物を入れる

通勤用のカバンをデスク周りに置いている方は
PCのシャットダウンを待っている間に、カバンに荷物を入れましょう。

後ほど、定時ダッシュの注意点でもお話しますが
カバンを触るのは、このタイミングです。

早く帰りたいからと言って、このタイミングよりも前にカバンは触らないでください。

 

周りを見ずに立ち上がって帰る

シャットダウンができ、荷物もまとめたなら後は立ち上がって
「お先に失礼します。」と言うだけです。

よく定時退社に悩む方で
「周りの目が気になって帰りづらい」と言う方がいます。

 

確かに、周りの人が残業をしているのに
自分だけが帰るのは、心苦しいかもしれません。
周りの視線も気になるでしょう。

 

だったら、周りを見ずに帰りましょう。
「お先に失礼します。」と言いながら、軽く頭を下げる。
あとは誰の顔も見ずに出口に向かいましょう。

周りを見なければ、周りの視線なんて気になりません。

 

定時ダッシュの注意点

定時ダッシュをするのはあなたの自由です。
しかし、あなたに絶対に守って欲しい注意点があります。

 

定時ダッシュはフライング禁止

誰もが知っている通り、100m走はフライング禁止ですよね?
定時ダッシュもフライング禁止です。

例えば、あなたの周りにこんな人がいるとどう思いますか?
定時前なのに、カバンに荷物を入れている
定時前なのに、着替え始めている
定時前なのに、PCの前でスマホを触っているだけ

 

きっと不快に思いますよね?
定時ダッシュの準備で、カバンは先に触らないでくださいと言ったのはこのためです。

まだ、勤務時間中なのに見てわかるような準備を始めるのはよくありません。
上司がその場面を見たら、あなたの評価は下がるでしょう。
同僚からの信頼も失います。
絶対にフライングはやめましょう。

 

定時ダッシュは周りの人に迷惑をかけてはいけない

100m走のスタートと同時に腕を振り回して
隣の人を妨害するなんて絶対にしてはいけないですよね?

定時ダッシュも同じで、周りの人に迷惑をかけてはいけません。
早く帰りたいから、周りの人に仕事を押し付ける
早く帰りたいから、人に頼まれた仕事をそのままにする
早く帰りたいから、電話にでない

 

フライングの時と同じです。
自分が早く帰りたいからという、わがままで人に迷惑をかけていては
周りの人を不快にさせますし
同僚や上司からの信頼を失います。

絶対にやめましょう。

 

まとめ

定時ダッシュは準備とスタートが大切
今日の振り返り明日への準備を30分前頃から始める。
シャットダウンをしたら、周りの視線を気にせずに帰る。

 

定時ダッシュにも注意点はある。
周りの人から見てわかるような準備は避ける
荷物の片づけや、着替えは定時のチャイムのあとにする。
自分が早く帰りたいからと、周りの人に迷惑をかけない。

 

これだけを守れば、あなたも定時ダッシュができるようになります。
定時退社よりも早い定時ダッシュで皆で帰りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です