定時って何時?どうやって決まるの?~所定労働時間と法定労働時間の違い~

定時退社をしたいけど、ところで定時って何時なの?
他の人の定時って何時?残業はどれぐらい?
会社の定時ってどうやって決まっているの?

そんな疑問を解消することができる記事です。

 

労働時間に関する、「法定労働時間と所定労働時間」の理解を深め
自分の労働時間は適切なのか、働きすぎなのかを判断しましょう

労働時間の仕組みをしっかりと理解することは
今の会社での働き方だけでなく、転職先の見つけ方にも有効活用できます!

定時ってどうやって決まるの?

一般的に定時退社と言えば17時30分から18時の間に退社することをイメージするのではないでしょうか?
古い言葉ですが「アフターファイブ」という言葉もあるぐらいです。

アフターファイブとは17時(仕事終わりの午後5時)以降のことを言い
その時間を有意義に過ごしましょうと言われてきました。

 

なぜ17時以降が一般的なのか?
それは法定労働時間という労働基準方で定められている労働時間の限度
所定労働時間という会社が就業規則で決める労働時間の2つが関係しています。

それぞれの意味と違いを説明していきます。

法定労働時間ってなに?

法定労働時間とは「労働基準法第32条」に規定されている労働時間の限度のことです。

法定労働時間では以下のことが決められています。

・使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。
・使用者は、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけません。
・使用者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません。

 

今回の定時時刻に深く関係するのが一番上の
1日に8時間、1週間に40時間を超えてはいけないという規則です。

 

企業は従業員に対して、休憩時間を除き1日8時間しか働かせてはいけない。
さらに、8時間を超える労働の場合は1時間の休憩が必須となっているので。

8時間労働の場合は1時間の休憩が加わり、9時間会社に滞在することになります。
9時始業の場合は、9時間後の18時が定時退社時間となりますね。

ここまで読んで、自分の会社は労働時間が8時間ではないけどそれって違法なの?
こんな疑問を持った人はいませんか?
安心してください、皆さんの会社の労働時間を直接決めるのは
法定労働時間ではなく、所定労働時間です。

所定労働時間ってなに?

自分の会社は9時始業だけど、定時は17時30分だという人はいませんか?
法定労働時間が8時間なら、足りていないけど大丈夫なのか?

疑問に思う人もいると思いますが
そこで出てくるのが、所定労働時間です。

所定労働時間とは、会社が決めた1日にこれだけは必ず働いてね。
という約束事で、就業規則に書かれています。

 

法定労働時間で決められた1日8時間以内であれば
6時間でも、7時間でも問題はありません。

 

なので、始業が同じ9時でも
17時30分に終わる会社もあれば、18時に終わる会社も出てきます。

所定労働時間と法定労働時間の2つがあって定時を決めている。
それは何となくわかっていただけましたか?
もう1つ気になる労働時間がありますよね?

それが残業時間です。
残業時間を含めると、1日8時間以上働いている人がほとんどのはずです。
次は、残業時間について説明していきます。

法定内残業時間と法定外残業時間

実は残業時間も2つあることをご存知ですか?

今回はわかりやすいように
所定労働時間が10時~18時に設定された会社に勤めるAさんについて考えましょう。

Aさんはある日通常通り出勤をしました。
その日は仕事が進まず、21時まで会社に残って残業をしました。
Aさんの1日をグラフにするとこのようになります。

Aさんが残業をした18時~21時までの3時間
実はこの時間は全て同じ残業ではなく
法定内残業と法定外残業に分けられます。

法定内残業とは
会社が決める所定労働時間は超えているが、法定労働時間の8時間は超えない残業

・法定外残業とは
法定労働時間を超えた残業

この2つにAさんの残業分けると

18時~19時までの1時間は法定内残業
19時~21時までの2時間は法定外残業となります。

上記を踏まえてグラフを作成すると、このようになります。

 

グラフの通り、Aさんは2種類の残業をしていることがわかりました。

法定内と法定外で残業代が変わる

なぜ、残業時間を分ける必要があるのか?
それは残業代が変わるからです。

どれぐらい変わるのかというと
法定内残業の場合
残業代=残業時間数×時給×1.0

法定外残業の場合
残業代=残業時間数×時給×1.25

仮に時給が2,000円なら1.25倍で2,500円になりますね

法定労働時間を超えて働く場合は36協定が必須

法定労働時間が8時間と決められているのに
なぜ、法定外残業が違法ではないのか?

36協定を結んでいれば法定時間を超えて働くことができます。

もしも36協定を結ばずに従業員が法定外労働をした場合は
労働基準法違反として、「6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金」が科せられます。

まとめ

定時がどのように決められているのかわかりましたか?
定時を決めるためには
国が上限を決めた労働時間の、法定労働時間
会社が就業規則で決めた労働時間の、所定労働時間が関係していました。

この2つを理解すれば、どのようにして定時が決まっているのかがわかりますね。

 

そして、残業にも2種類ありました。
法定内残業法定外残業です。
法定労働時間を超えた残業は、法定を超えている。
つまり、法定外残業となり、残業代金は1.25倍されます。

もしもあなたの会社で
1日8時間以上、週に40時間以上の残業をしているのに
残業代の上乗せがされていない場合は相談してみてください。
思わぬところから給料が上がるきっかけになるかもしれません。

1番良いのは残業代金が増えることではなく
定時で帰れるようになることですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です