残業したくないは甘えなのか?~残業こそが甘え!!~

「残業したくない」と会社で宣言できますか?
できる人ってほとんどいないと思います。
なぜなら、残業せずに帰ることに後ろめたい気持ちを持っている人がほとんどだからです。

なぜそんな人が増えるのか?
それは、会社の雰囲気や、雰囲気を作っている社員に問題があります。

 

今回は、残業したくないと思うことは甘えではなく
当然のことだとハッキリお伝えをして
残業したくない皆さんが勇気を持てるように後押ししたいと思います。

「残業したくない」がなぜ甘えだと思われるのか

「残業したくない=甘え」と思われる大きな要因は
日本企業に根強く残る古い価値観や
残業に対して間違った考えを持った人達の主張のせいです

どんなものがあるのか紹介していきますので
あなたの身近に思い当たる節がないか考えてみましょう。

残業で帰れない人からの妬み

「残業したくないは甘えだ!」と言っている人はどんな人ですか?
定時で帰っていますか?
毎日残業していませんか?

絶対と言ってもいいです
そんなことを言う人ほど残業をしています。
残業をしているから、そんなことを言います。

 

本心では自分も毎日定時で帰りたい
でも仕事が多くて帰れない
だったら周りの人も帰れないようにしよう
といった風に思考が停止しています。

自分が帰ることを諦めて
周りの人を道ずれにしようとしています。
そんな人の言うことはまったく気にする必要がありません。

全部無視して、自分だけでも定時で帰りましょう。

残業をした方が昇進できると思っている

残業をして長時間働くことを
上司へのアピールと考えている人がいます。

確かに一昔前なら
人事選考にも好き嫌いがかなり反映されていたでしょうし
飲み会に参加した方が昇進できるとか
長時間働いてアピールするという考えもあったでしょう。

 

もしもあなたの会社にいまだこのような考えが残っているのなら
今すぐに転職することをお勧めします。
あなたの仕事が正統評価されることは絶対にありません。

まず「残業=アピール」という考えですが
かなり旧時代の考えです。
「残業=残業代が発生する=余計な人件費が発生している」
これが本来されるべき考えです。

 

あなたの上司が正当な評価をすれば
決められた就業時間内で結果を出す社員の評価は上がり
労働時間に対して、結果が出ていない社員の評価は下がる。

もしも上司から
「昇進したいなら、もっと残業しろ」
こんなことを言われたなら
今すぐ異動願を出すか、転職してください。

生活費のために残業している

「今月はいっぱい残業したから、残業代が楽しみ」
こんなことを言う人が近くにいるなら今すぐに離れてください
あなたにとってその人と過ごす時間は無駄な時間です。

先述もしましたが
残業代は会社からすれば、余計な経費の1つです
会社に無駄な経費を払わせて喜ぶような人とは関わらないでおきましょう。

 

とはいえ、季節的に業務が集中する繁忙期など
全社的に残業が多くなる時期などもあるでしょう。
そういった場合は、残業代が楽しみになるのもわからなくはないですが

残業代で給料を増やすため
意図的に残業をしているような人がもしもいるのなら縁を切った方がいいです。
その人の評価は低いはずですし、昇進することもありません。
また、日頃から親しくしていると、あなたも同様の評価を受ける恐れがあります。

仕事のできない無能社員に足を引っ張られたくなかったら
今すぐに縁を切り、一刻も早く定時退社しましょう。

ゆとり世代だから、若いから

僕は1993年(平成5年)生まれのゆとりど真ん中です。
残業をしない、頼まれた仕事を断るなどすると
「これがゆとり世代か」
「これだから最近の若いやつは」
などと何度も言われてきました。

では僕たちが50歳になった時
ゆとり世代が50歳になった時
どうなるのでしょうか?

 

50歳になって
「定時で帰りたい」と言えば
ゆとり世代だと笑われるのか?
そんなことはありません。

いつの時代でも
「最近の若いやつは」という風に
古い価値観を突き付けてくる人はいます
そんな人の言葉に耳を貸す必要はないので
こんな人達も完全に無視しましょう。

「残業=美徳」

日本にはどうしても
長時間仕事をしている=頑張っている
短時間で効率的に仕事をしている=サボっている
この2つの間違った方程式が残っています。

この2つが定時退社を邪魔する一番の間違った考えです。
古い考えとわかっていながら
実は自分もその考えを持っているかもしれません。

 

あなたの同僚で毎日遅くまで残業をしている人がいたとします。
その人に対してあなたは
・毎日遅くまで頑張っている
・仕事の効率が悪いから、毎日遅くまで残っている
どちらの考えを持ちますか?

遅くまで頑張っていることも事実ですが
なぜ遅くまで働かなければいけないのか?
それは日中の働き方に問題があるからです。

 

それに気づかず
残業している=頑張っている
残業=美徳
という考えに至っているのです。

そして、「残業=美徳」という考に対して
「早く帰る=サボっている」という逆説的な考えも発生し
定時退社しにくい雰囲気が生まれます。

残業=美徳?古すぎる日本の働き方はなぜなくならないのか?

残業したくないは当たり前

残業したくないが甘えとされる理由をいくつか紹介しましたが
どれも古い考えや、理不尽な考えによるものです。

残業したくないという考えは正しいのかどうか
こんなことが議論されることがすでにおかしいです。
残業したくないと思うのは当たり前です。

 

厳しいことを言いますが残業ばかりして、会社に依存している人は
これからの時代を生き抜くことはできません。

これからの時代に求められる人材は
自分で時間を確保し、その中で成長できる人です。
さらに言えば、自分の成長を会社に還元できる人が求められます。
会社の言いなりになって働けばいい時代はすでに終わっています。

残業こそ甘え

残業したくないと思うことは甘えではありません。
残業せずに定時で帰るのは当然のことです。
むしろ残業こそ甘えだと思いましょう。

なぜ残業が甘えなのか?
どうしようもない量の仕事を振られて、帰るに帰れない
それで甘えと言うのか?

 

そんなことを思う人もいるでしょう。
残業時代の僕も、残業が甘えだと言われたら
相手にもせずにキレています。
何もわからない奴が口を出すな!
と思いますよね?

残業にはいくつかの種類があり、それぞれに解決策があります。
解決しようとせずに、受け入れ諦めている人は甘えているだけです。

残業の種類と、解決方法を紹介します。

生活費残業

生活費や小遣いを稼ぐために残業をしている
早く終わらせられる仕事を、あえてゆっくりしている
残業を仕事ではなく、お金を稼ぐ手段だと思っている

こんな人達は今すぐその残業をやめましょう。
お金が欲しくて残業しているのかもしれませんが
無駄に自分の時間を垂れ流しているだけです。

 

残業代が1時間2000円なら30時間で6万円です。
6万円のために、家族との大切な時間を浪費しないでください。

お金のためにしている残業を今すぐやめて
定時で帰るようにしましょう。
そして、副業を始めればもっと大きい金額を稼げるようにもなります。

 

残業代を貰うということは、働いた対価を貰うのではなく
あなたの時間を会社に売っているということで
やってることは学生のアルバイトと変わりません。

副業やビジネスの勉強に時間を費やした方が
将来的に残業代よりも大きな金額が手に入ります。

 

副業をしろと言われても何をすればいいかわからない人もいるでしょう
そんな方への記事も作成しているので下にリンクを用意しておきます。
気になった方は見てください。

副業を始める時に、もっと若かったら、もっと時間があれば
などの言い訳は絶対にしないでください。

本気になれば年齢は関係ないし
時間は自分で作るものです、勝手にはできません。
必要なのはやる気だけです。

サラリーマンなら副業でエンジニアを目指そう

労働残業

仕事が多すぎて、定時内には終わらないので残業するしかない。
こういう人が一番多いと思います。

初めは嫌々だった残業が、繰り返すうちに
違和感なく、残業することが当たり前になっている
僕もその1人だったから気持ちはとてもわかります。

 

この状況に陥るのは
・人手不足
・業務過多
・繁忙期
・インフラ問題
この他にも様々な理由があります。

当ブログでも紹介しているような方法で
僕は、残業時間を大幅に削減することができましたが
全ての人が削減できるとは思っていません。
どうしても残業から抜け出せないなら
今すぐに転職をしましょう。

 

辛い残業から抜け出すために、転職することは逃げではないです
「ここで逃げていいのか?お前には期待していたのに」
などと言って引き留めてくる人がいるでしょうが
今すぐに抜け出しましょう。

仕事をしながら転職活動ができないと言うなら
退職をして、休職期間中にだってできます。
まずは心と体を癒してからでも問題ないです。
あなたが辛いことは本当によくわかります。
一歩踏み出して、そこから抜け出しましょう。

良い人残業

定時で帰れない理由を聞くと
・周りの視線が気になる
・先輩、上司が残業しているから
・1番に帰りにくい

周りの雰囲気を伺って帰れない人が多いです
僕は何度も、繰り返し言っていますが
そんなものは全て無視してください。

 

皆さんは「良い人」になろうとしすぎです
嫌われる勇気を持ちましょう。
そして何より、毎日定時で帰ったからって嫌われることはないです。

もしもそれで嫌われたとしても、前半部分に書いた通り
それはただの妬みですから無視しましょう。

 

あなたが嫌われるかどうかは、相手がどう思うか次第
あなたにはどうしようもありません。

社内で八方美人に良い人を演じる暇があるのなら
早く帰って家族サービスや
自己啓発に時間を使いましょう。

これでも帰りにくいと言う人は
定時で帰るキャラになることを目標にしましょう。
僕はこのキャラを確立して、定時で帰りやすくしました。
定時で帰るキャラになれば、冷たい視線も気にならない!定時キャラになる方法

まとめ

残業したくない=甘え
この考えは古く間違った考えですが
誰しもが持っているかもしれません。

・残業で帰れない人からの妬み
・残業をした方が昇進できると思っている
・生活費のために残業している
・残業代で給料を増やすため
・ゆとり世代だから、若いから
・「残業=美徳」

 

この記事を見てくれている人の中には
こんな考えがないと信じていますが。
上司や会社からの教えによって残っているかもしれません。

そんな人は今すぐに
「残業こそ甘え」と胸に刻みましょう。

 

残業には大きく3種類あり
生活費を稼ぐための残業
仕事量が多いための残業
周りの人を気にしている残業です。

僕はそれぞれ
・生活費残業
・労働残業
・良い人残業
という風に呼んでいます。

 

解決策はこのブログを見なくとも
Googleで調べればたくさん出てきます。
それなのに、削減しようと努力しないことが甘えです。

「残業したくない=正しい」
「残業している=甘え」
この2つをしっかりと頭に入れて毎日働きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です